作品
年代 : 令和元年
サイズ : 49.7 × 34.6 ㎝(シートサイズ)
限定 : A.P. 
技法 : 紙にリトグラフ
詳細 : シート価格
額装 : ご相談下さい

プロフィール
2019 東京藝術大学大学院美術研究科 修了

ギャラリー コメント
当初は印刷、つまり量産目的で発明され、本来の絵画が持つ表面の風合いからは切り離されたリトグラフであるが、高橋はそのフラットさにこそおもしろさを感じているという。
東京藝術大学の修了制作である鳥のシリーズは、彼女が幼いころより父と出かけたバードウォッチングが制作のきっかけの一つとなった。鳥の美しいフォルムや個性的な色調は、彼女にとっては何者も超えられぬ素晴らしい存在であるという。その存在を手元に写し取る際、版画という一過程を挟むと、それが一つの余白となり、対象と作家の距離をうまく保つようだ。時には個人的なエピソードも挟みながら、唯一無二の図鑑のように構成されており、収集することが楽しくなるシリーズである。

アーティストコメント
よく梅と一緒に描かれるのはウグイスですが、それは本当はメジロだよ、という作品です。

Information
Artist: TAKAHASHI Azusa
Title: Zosterops japonicus
Date: 2019
Size: 49.7 × 34.6 ㎝ (Sheet size)
Edition: A.P.
Technique: Lithograph on paper
Detail: Not framed
Frame: Please ask

Profile
2019 Graduated from Tokyo University of the Arts, M.A. of the Printmaking Department

Gallery Commentary
Azusa Takahashi finds the flatness of lithographs interesting. Her final project at Tokyo University of the Arts, a series of birds, was inspired by the memories of the bird-watching trips with her father, in her childhood. For her, the beautiful forms and unique colors of birds are a wonderful existence that cannot be surpassed by anything else. When she captures this existence in her hand, the process of printmaking seems to create a blank space and maintain a good distance between the subject and the artist. Sometimes interspersed with personal episodes, the series is composed like a unique picture book, and is a joy to collect.

高橋 梓 / メジロ

SKU: TA004-2
¥20,000価格