top of page

作品
年代 : 令和5年
サイズ : 28 × 35 cm(シートサイズ)
限定 : 8/20
技法 : 木版画
詳細 : シート価格
額装 : ご相談ください

プロフィール
2020 武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画コース 卒業

展覧会
2024
「声なき祈り」(ギャラリーそうめい堂)
2023
「三人展」(ギャラリーヒロ)
「AYAKASHI妖精×妖怪」(松坂屋上野店 7F 美術画廊)
「版こもごも~版画三人展~」(ギャラリー子の星)
2022
「祈りの物語」(ギャラリーそうめい堂)
2021 
「KOWAII展XI」(銀座新井画廊)
文房堂ギャラリー グループ展
2020
弘重ギャラリー グループ展
「いい芽ふくら芽2020」(松坂屋名古屋店 ヤングアーティスト公募展)

作家コメント
岩手には、様々な形で布を奉納する文化があります。
祈りを彩る布達は、きっと私たちと神様を「結ぶ」ものなのだ、と私は思います。
人々の託した「祈り」は神様のお使いの優しい子が、その身に纏って届けてくれる。
その優しいお使いの隣には、いつも黒くて小さい友達がいる。
そんな物語を想像しながら、いつもこの一人と一匹を描いています。
この日一人と一匹は、森の奥の切り株に宿る神様の招待を受けて遊びに来ました。
日向と森の香りがする門番が、神様のおうちへの道を開こうとしてくれています。

ディレクターコメント
岩手県は「民話の里」とも呼ばれるほど多くの民間信仰・伝承等の古い言い伝えを残す土地だ。幼少期を岩手県で過ごした古原も、一緒に暮らしていた祖父母から多くの物語を伝え聞いていたという。
古原の作品には、地域の伝承・信仰に加え、自身が体験した出来事の記憶が入り混じっている。何かを見た、という曖昧な記憶を元に紡がれる、もしかしたらあれは、という願いの糸のようなもの。大切な人を亡くした経験から、古原はこの世とあの世の間で、どこかあたたかなそれを捜しているのかもしれない。

Information
Title: Small Shrine in the Forest
Artist: KOHARA Shiori
Date: 2023
Size: 28 × 35 cm (Sheet size)
Edition: 8/20
Technique: Woodblock print
Detail: Not framed
Frame: Please ask

Profile
2020 Graduated from Musashino Art University, College of Art and Design, Department of Painting, Printmaking Course

Exhibition
2024 Voiceless Prayer (Gallery Soumei-do)
2023 Three person show (Gallery Hiro)
     AYAKASHI妖精×妖怪 (Matsuzakaya Ueno 7F Art Gallery)
     版こもごも~版画三人展~ (Gallery nenohoshi)
2022 Story of Prayer (Gallery Soumei-do)
2021 KOWAII Exhibition XI (Arai Gallery, Ginza, Tokyo)
Bumpodo Gallery Group exhibition
2020 Hiroshige Gallery Group Exhibition
Matsuzakaya Nagoya Young Artists'
"いい芽ふくら芽 2020"
(Young Artists' Exhibition, Matsuzakaya Nagoya Store)

Artist Comment
In Iwate, there is a culture of cloth dedication in various forms.
I believe that the cloths that color our prayers are something that "connect" us to God.
The "prayers" entrusted by people are delivered by God's gentle messenger, who wears them on his/her body.
Next to the gentle messenger, there is always a small black friend.
Imagining such a story, I always draw this one messenger and one animal.
On this day, the one messenger and one cat came to play at the invitation of the god who dwells in a stump deep in the forest.
The gatekeeper, who smells of sunshine and forest, is trying to open the way to the God's home.

Gallery Commentary
Iwate Prefecture, also known as the "Home of Folktales," is a land that retains many folk beliefs and legends. Kohara, who spent the childhood there, also heard many stories passed down from her grandparents.
Kohara’s artworks are a mixture of local folklore and beliefs, as well as memories of events she experienced. The artworks created from vague memories of what she saw, and they are like a thread of wishes for what might have been.
Having experienced the loss of a loved one, Kohara is searching for something warm between this world and the next.

 

 

古原 汐理 / 森の中の小さなお社

SKU: KS012-8
¥20,000価格
    bottom of page