アーティストコメント
幼い頃私が過ごした故郷の葬式は少し風変わりなものだった。

参列する親族達は、広い座敷に輪になって座り、長い長い数珠を手繰り回していく。

記憶も、あなたへの思いも。百万遍の音に乗せて、どうか届いて欲しい。

どうかずっと幸せでいて欲しい。

作品
年代 : 令和3年
サイズ : 44 × 59.4 cm(シートサイズ)
限定 : 1/5
技法 : 和紙に木版

プロフィール
2020 武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画コース 卒業

展覧会
2021
・KOWAII展XI(銀座新井画廊)
・文房堂ギャラリー グループ展
2020
・弘重ギャラリー グループ展
・松坂屋名古屋店 ヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽2020」

受賞
2020 ヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽2020」優秀賞

ギャラリーコメント
岩手県は「民話の里」とも呼ばれるほど民間信仰・伝承等の古い言い伝えが残る地だ。幼少期を岩手県で過ごした古原は、一緒に暮らしていた祖父母から多くの伝承を伝え聞いていたという。古原は、不可思議で、魅力的で、そして時に悲しい歴史を伝えていた伝承を基に、自身の思い出や体験が交じり合った「夢の中」のような世界を作品に落とし込んでいる。
彼女の故郷が伝えてきた歴史や物語と、鮮やかな色彩が引き出す幻想的な画面に込められた古原の願いを作品からひも解くのもおもしろい。

 

納品について

この作品は、古原汐理個展「祈りの物語」の開催に伴い、2022年3月2日(水)以降のお届けとなります。

Artist Comment

The funerals in my childhood hometown were a bit unusual.

The relatives in attendance sat in a circle in a large room and carried long prayer beads and handed them over to the next person.

I hope that the memories of you and the feelings for you will reach you with the sound of a million beads.

I hope that you will always be happy.

Information

Title : Funeral Procession

Date : 2021
Size : 44 × 59.4 cm (Sheet size)
Edition : 1/5
Technique : Woodblock printing on Japanese paper

Gallery Commentary
Iwate Prefecture is known as the "home of folktales," where old legends of folk beliefs and traditions remain. Having spent her childhood in Iwate Prefecture, Kohara heard many legends from his grandparents.
Based on the mysterious, fascinating, and sometimes sad history of folklore, Kohara has created a "dream-like" world in her works that are a mixture of her own memories and experiences.
It is interesting to unravel the history and stories of her hometown and the wishes of Kohara in the fantastic paintings with vivid colors.

 

About the Delivery
Due to the opening of Shiori Kohara's solo exhibition "Story of Prayer", this artwork will be delivered after Wednesday, March 2nd, 2022.
 

古原 汐理 / 葬列

SKU: KS010
¥0価格