作品
年代 : 令和3年
サイズ : 25 × 17.5 cm(シートサイズ)
限定 : 1/10
技法 : 紙にメゾチント
詳細 : シート価格
額装 : ご相談下さい

プロフィール
2021 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程 修了
2018 弘益大学美術学部版画科 卒業 (韓国)
2018 弘益大学美術学部芸術学科 卒業 (複数専攻)

展覧会
2022
・Sequence(ギャラリーそうめい堂)
2020
・KOREA ART WEEK ーPrintmaking×Classic (韓国)
・ Multiple print (ガレリア・グラフィカ bis)
・TKO国際ミニプリント展( 東京芸術劇場)
2019
・日中韓 版画3人展「Toward the Future」 (B-gallery)
・Future Artists Tokyo(東京国際フォーラム)
2015
・Pacific Rim International Print Exhibition (ニュージーランド)
・東京国際ミニプリントトリエンナーレ(多摩美術大学美術館)

ディレクターコメント
金 知慧(キム ジヘ)の作品は、写真のイメージから生まれるという。金は、自身が直接撮った、あるいは家族の昔のフィルム写真アルバムから「私の中の何か」に触れる写真を探し、それをもとにスケッチを行い、メゾチントを中心とした銅版画技法で作品を制作している。
作品について、「銅版画に刻んだ私の記録 」 と金は説明するが、ここで言う記録とは彼女の「日記」に近いものに思える。それは、作品が極めて個人的な場面で始まっており、自己告白の性向があるからであろう。だが彼女の作品を眺めていると、多くの人の心の奥底の感情にふれる普遍の感覚を確かに感じる。 それは「懐かしさ」なのか、「愛」なのか、「憐憫」なのか、それともまた別の何かなのか。正確に一つの単語で表現できない記憶や感情が渦巻いている。

Information
Date: 2021
Size: 25 × 17.5 cm (Sheet size)
Edition: 1/10
Technique: Mezzotint on paper
Detail: Not framed
Frame: Please Ask

Profile
2021 Graduated from Tokyo University of the Arts, M.A. of the Printmaking department (Japan)
2018 Graduated from Hongik University College of Fine Arts, B.A. of the Printmaking department (Korea)
2018 Graduated from Hongik University College of Fine Arts, B.A. of the Art History and Theory (Korea)

Exhibition
2022
・Sequence (Gallery Soumei-do)
2020
・KOREA ART WEEK ーPrintmaking×Classic (Korea)
・ Multiple print (GALLERIA GRAFICA BIS, Tokyo)
・"TKO International Miniprint 2020" (Tokyo Metropolitan Theatre, Tokyo)
2019
・"Toward the Future" (B-gallery, Tokyo)
・Future Artists Tokyo (Tokyo International Forum)
2015
・Pacific Rim International Print Exhibition (New Zealand)
・International Miniprint Triennale (Tama Art University Museum, Tokyo)

Gallery Commentary
Kim Jihye's artworks are based on photographic images. Kim searches for photographs that touch "something in me" from her own photographs or from her family's old film photo albums. She makes sketches based on them and creates her works using mezzotint and other copper-printing techniques.
She describes her work as "a record of me engraved in prints," and what she means by "record" here seems more like a "diary" to her. This may be because the work begins with a very personal scene and has a tendency toward self-confession. However, when we look at her works, we certainly feel a universal sensation that touches the deepest feelings of many people. Is it nostalgia, love, pity, or something else? Memories and emotions that cannot be expressed in a single word are swirling around.

金 知慧 / HERⅠ

SKU: KJ018
¥35,000価格