ストーリー
鳩は、時々皆の前から姿を消すことがあった。薄暗闇の茂みの中で、鳩は彼女と会っていた。寝転び、枝を持つ。上からそれに飛び乗った彼女は、鳩をただじっと見つめていた。
2匹はお互いをよく知らなかった。蜘蛛からすれば、それはとても危険なことだ。鳩は虫を食べる生き物であるし、その体は何倍も大きかった。だが、その瞳を見ていると、そんなことはどうでも良かった。鳩の呼吸で上下する枝に乗って、見つめ合うだけで、2匹はただ穏やかな気持ちだった。

作品
年代 : 令和3年
サイズ : 20.5 × 25 cm(シートサイズ)
限定 : 4/8
技法 : フィルムにシルクスクリーン
詳細 : シート価格
額装 : ご相談下さい

プロフィール
2012-2016 東京藝術大学 絵画科 油画専攻 学士
2016-2018 東京藝術大学 大学院美術研究科 絵画専攻 版画研究分野 修士

展覧会
2021
・blooming sensations (s+arts グループ展)
2020
・s+arts summer exhibition (at s+arts gallery)
・SLEEPING INSTINCT ねむる本能 (ギャラリーそうめい堂 個展)
2019
・FUNNY BONE(TAKU SOMETANI GALLERY 個展)
・Sur and Smile(s+arts グループ展)
2018 
・Hey Human...(ねえ人間...) (TAGBOAT 個展)
・Independent Tokyo(TAGBOAT 特別賞)
・なでたような跡がある(表参道画廊 グループ展)
2017
・Shotai Exhibition (SO Fine Art Editions,アイルランド)
・ZURETA / INTERNATIONAL PRINTED ART
(上海美術大学)
2016
・石橋財団より助成を受けポーランドにて制作・展示

ディレクターコメント
 人間の周囲の生き物と人間の関係を主なモチーフとして、シルクスクリーンやドローイング作品を制作している市川。ユーモアに富んだ作品は単なる風刺画ではなく、現代に生きる我々人間の矛盾や滑稽さがある種の慈しみを持って描きだされている。人間に翻弄される生き物たちに対して生まれる奇妙な笑いとすこしの罪悪感、そしてそこに確かにある愛情。メディアとして用いられた版画に隠されたメッセージを読み解くのも面白い。

Story
The pigeon sometimes disappeared from everyone's sight. In the dimly lit bushes, He had met her. He lay down and held a branch and she jumped on it from above and stared at the pigeon.
The two animals didn't know each other well. From a spider's point of view, that would be very dangerous. Pigeons were insect-eaters, and their bodies were many times larger. But when she looked into his eyes, it didn't matter. They just looked at each other, riding on the branches that rose and fell with the pigeon's breath, and the two of them just felt peaceful.

Information
Artist : ICHIKAWA Shiori
Date : 2021
Size : 20.5 × 25 cm (Sheet size)
Edition : 4/8
Technique : Silkscreen on film
Detail : Not framed
Frame : Please ask

市川 詩織 / 密会

SKU: IS035
¥25,000価格